「ライフ」から「ワーク」、そして「ライフワーク」へ。「やりたいことをあきらめない生き方」の体現となった1日。

LIFE

 

今日は朝から分刻みのスケジュール。

午前中に長男の通う幼稚園の卒園式に出席するため、まずは三男を一時預かり保育所へお預け。

本当は一緒に連れて行きたかったけど、卒園式で騒いで周りに迷惑をかけてしまうので…。

 

三男を預けた後は、次男を連れて急いで幼稚園へ。

卒園式スタートにはどうにか間に合いました。

卒業証書授与では、長男がトップバッターの大役を務めました!
大きな声で元気よく返事をし、証書を堂々と受け取っていてる姿にウルっとしちゃいました…。

卒園式

 

東京に引っ越してきてから通い始めたので、1年7か月しか在園できなかったけど、広い園庭で思い切り走り回れたりと、伸び伸びとした教育方針のステキな幼稚園でした。

卒園式

 

 

感動に浸っているのも束の間、午後からは仕事だったので、急いで現場に直行!

今日は営業関係の仕事で、クライアントへ1年間の取組み活動を報告する重要な会議への出席。

結果的に前年同様の数字をキープすることができたので、ホッとひと安心でした。

会議室

 

 

その後は、NPO法人ファザーリング・ジャパン(FJ)が主催する緊急フォーラム「ニッポンの働き方は本当に変えられるのか!? 〜長時間労働がなくなれば企業や社会はもっと豊かになる」へ参加!

ファザーリング・ジャパン緊急フォーラム

 

スピーカーには、ワーク・ライフバランス社の小室淑恵さんや一億総活躍国民会議民間委員の白河桃子さん、元祖イクボスの川島高之さんにサイボウズの中根弓佳さんなど名だたるメンバーが集結。

ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんのファシリテーションの下、日本の「長時間労働問題」をテーマにディスカッションが繰り広げられていました。

その様子や学びについては改めてブログにまとめますが、2時間半という限られた時間の中で様々な視点から日本の「長時間労働問題」について考えることができ、学びも多くとても有意義な時間でした。

終了後は、参加者との名刺交換に情報交換など、新たな出会いにもつながりました。

ファザーリング・ジャパン緊急フォーラム

 

 

今日1日を振り返ってみると…

午前中は「ライフ」(長男の卒園式出席と三男の保育園送り)

午後は「ワーク」(取組み活動プレゼン)

夜は「ライフワーク」(FJ緊急フォーラム参加)

と…、慌ただしいながらも充実した濃厚な1日となりました。

まさしく、「やりたいことをあきらめない生き方」の体現となった1日でした。

 

今、自分の中にある「べき論」(こうするべきといった考え方)や「枠」(固定概念)を壊し始めているのですが、そうすると自分の向かいたい方向にどんどん近づいていることを実感しています。

ライフもワークも、そしてライフワークも、すべて欲張っていきたい!

改めてそう感じた貴重な1日を大切に、これからも前を向いて歩いていきたいと思います。

 

仕事に、家庭に、プライベートにと、忙しくて余裕が無くなってしまっているアラサー世代の皆さん。

考え方ややり方次第で、良い意味で「欲張ること」ができると思います。

 

ぜひ一緒に、「やりたいことをあきらめない生き方」を体現してみませんか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です